中原こどもクリニック 

HOME > corona

 

 新型コロナウイルス抗体検査開始のお知らせ

 
2020年6月24日より新型コロナウイルス抗体検査(要予約)を開始いたします。
 

【検査について】

当院ではロシュ・ダイアグノスティックス社の研究用試薬「Elecsys Anti-SARS-CoV-2」を用い、検体中のSARS-CoV-2に対する抗体(IgGを含む)を検出する定性検査(ECLIA法)を行います。抗体検査試薬は現在20種類前後ありますが、この検査試薬は現時点では世界最高峰の精度(感度100%、特異度99.8%)を誇ります。
 
抗体検査は過去に感染したかどうかを調べる検査です。この検査では現在感染しているかは診断できません。この場合、PCR検査または抗原検査が必要となりますので、帰国者・接触者相談センターにご相談下さい。
 

【抗体検査はこんな方におすすめです】

1)  これまで特に自覚状がなく、ずっと健康ではあったものの、過去に新型コロナウイルス感染症にかかっていたか知りたい方
2)  20日以上前に風邪様症状があったが現在は無症状になったものの、それが新型コロナウイルス感染症だったか心配な方
3)  20日以上前に味覚・嗅覚異常があった、もしくは20日以上前から味覚・嗅覚異常が続いている方
 

【検査が出来ない方】

1)  現在、発熱または咳のなどの風邪様症状のある方
2)  風邪様症状出現から20日経過していない場合
3)  味覚・嗅覚異常出現から20日経過していない場合
4)  既に新型コロナウイルス感染症と診断されている方
5)  現在症状がなくても、新型コロナウイルス感染者との濃厚接触がある場合
6)  来院時の同伴者に風邪様症状または新型コロナウイルス感染症が疑われるような症状がある場合
 
 

現在小児の新型コロナの発生は殆ど報告されていませんが、いずれは子どもの間でも流行するかもしれません。少しでも安心して受診できるよう、当院では様々な感染症対策を立てています。
当院での感染症対策 
1. 発熱者の隔離
①   微熱以上の発熱がある方または患者さん本人が発熱していなくても家族に発熱者がいる方は、診察の順番が来るまで外で待って頂いています。
②   発熱者の診察は第2診察室でのみ行います。
③   第2診察室では、専用の診察器具を使用しています。
④   会計は外で行い、そのまま帰宅となります。
⑤   第2診察室は、常に空気を循環させ、また消毒を徹底しています。

2. 感染する可能性がない方の部屋分け
①   発熱のない風邪症状・胃腸症状等がある方 → 待合室で待って頂いています。
②   感染リスクがない方 → 処置室で待って頂いています。

3.待合室が混まないよう予約管理
①   待合室に多く人が集まらないように調整しています。
②   待合室を定期的に換気しています。

4.予防接種、健診者専用時間帯
①   予防接種、健診者を対象とした専用の時間帯があり、さらに安全に予防接種または健診を受けることができます。
②   感染リスクがない患者さんも電話を頂ければ、その時間帯に診察の予約出来ます。

5.医療従事者の院内感染予防
①   全職員マスク着用
②   発熱者の診察毎に、手洗い、診察室・診察器具の消毒を徹底しています。

6.発熱者の検査
①   喉や鼻の綿棒による検査は、ウイルスが飛ぶ恐れがあるため、検査を控えるよう厚労省から通達が来ています。このため基本的にはこれらの検査は行っておりません。
②   ただ新型コロナ以外の他疾患が強く疑われる場合は、従来通り検査を行っています。その際、念のためフェイスシールドまたはガウンを着用して検査を行います。
③   インフルエンザ検査は、かんだ鼻水で行っています。
→この検査は鼻をかめるお子様に限定されます。
→発熱から48時間以上経過してから検査になります(当院では従来の約100倍の高感度の検査機器を導入しておりますが、それでもかんだ鼻水では感度が落ちてしまうためです)
④   発熱が続く場合、炎症の強さの指標であるCRP検査は従来通り行います。

7.職員の健康管理
①   職員全員、毎日検温しています。
②   職員全員、うがい及び手洗いを徹底しています。